NIPT施設の違いをご紹介!

このサイトでは、新型出生前診断(NIPT)についての様々な情報を紹介しています。
これから出産をむかえる妊婦の方にとって、生まれてくる新しい命はとても気にかかるものと言えるでしょう。
無認可で実施している施設で受けることに法律上の問題点はないのかどうか、検査に関する不安点の問い合わせ方法や認可施設との違い、検査を実施している場所が増えてきていること、そして重要な費用面に関してなどをわかりやすくまとめていますので参考にしてください。

無認可でNIPTをしている施設は法律的に大丈夫?

無認可でNIPTをしている施設は法律的に大丈夫? 新型出生前診断(NIPT)を実施している施設は多く見られるようになり、実際に検査を希望する妊婦の方も増加傾向にあると言われます。
無認可でも大丈夫なのかどうかを心配されている妊婦の方も多いと考えられますが、結論から言えば無認可であっても法律上問題がありません。
NIPTを受けてその検査結果について判明した場合に、妊婦さんに対しての適切なフォローが行われ、より良いサポートが行われている施設であれば問題なく大丈夫であると考えて良いでしょう。
重要なのは認可されているかどうかではなく、実際に検査を受けた方の側に立ち、その後のご夫婦の心強い支えとなってくれるのかどうかという点です。
法律上の問題はありませんので、無認可施設でのNIPTを検討してみることも一つの選択肢です。

NIPTを認可施設と無認可施設のどちらで受けるか

NIPTを認可施設と無認可施設のどちらで受けるか NIPT(新型出生前診断)は妊婦さんが胎児の先天異常を知りたい時に受ける検査です。
採取した母体血液中にある胎児由来のセルフリーDNAから、染色体異常の可能性を調べることができます。
事前に胎児の状態を知ることにより、生まれた時の備えができるというメリットがあります。
非確定検査ではありますが、100%に近い99.9%の精度。
母体や胎児にかかる負担が少ないのも特徴です。
NIPTは認可施設と無認可施設があります。
どちらで検査しても検査の精度に違いはありませんが、陽性だった時の対応に違いがあります。
認可施設では産婦人科医が在籍しているため、羊水検査をすることができます。
専門医が対応し遺伝カウンセリングが受けられます。
ただし認可施設では検査を受ける条件が厳しく、検査結果の返却が遅いこともあります。
予約が取りづらく検査項目が限られ費用も高額になりがち。
無認可施設では検査を受ける条件がほとんどなく検査項目も豊富です。
費用も安く検査結果の返却が早いです。
遺伝カウンセリングは行っておらず専門外の医師が検査を担当することがほとんど。
陽性時の対応には違いがありアフターフォローが不十分な場合もあります。
ですが無認可施設であっても産婦人科医のフォローがある施設も存在します。
施設によって違いがあるため、検査項目やアフターフォローなどを調べ比較検討して決めましょう。

陰性ならかなりその可能性が高い

NIPTは確定診断ということではないので、陽性の場合は確定診断をする必要がありますが、陰性の場合はかなり正確な結果の可能性が高いので、その後に確定診断をしなくて済みます。
特に30歳位以上の女性が調べた場合は、99%以上の確率で正しい結果だと言われているほどです。
だから、その後に確定診断をする必要はありませんので、安心してください。

ただし、NIPTは確定診断ではありませんので、この結果が絶対に正しいとは言い切れません。
と言うのも、検査結果は100%ではないからです。ほとんどないのですが、稀に偽陰性となることもあります。

母体の染色体異常があったり、胎児のモザイクや胎盤のモザイクが原因で結果が違ってしまうことが稀にあります。
ほとんどないことですし、その後に羊水検査などを行いませんので、出産した時に初めて検査結果に違いがあったことがわかることもあるでしょう。
99%以上の的中率ですが、稀に違うこともあることも事実です。

NIPTを受ける際には遺伝カウンセリングを予約

新型出生前診断のNIPTは、妊娠9週から10週以降に受けられるようになり、胎児の染色体異常について早く調べたいという人には一つの選択肢となります。
妊婦健診で通院している病院が日本医学会から認定を受けているNIPTの施設であれば、担当医に検査を受ける意志を伝えて相談することが可能です。
また、妊婦健診で通っている病院が認定施設でない場合には、認定施設の中から希望の医療機関を探して受診予約をする必要があります。
検査をする場合には、まず最初にNIPTに関する遺伝カウンセリングを予約して、臨床遺伝専門医や認定遺伝カウンセラーから検査に関する正しい情報や知識を学びます。
その上で検査をする意向に変わりがなければ、当日かまたは別の日に検査が行われ、1週間から2週間が経過したのちに検査結果を聞くための検査後遺伝カウンセリングを受けます。
万が一、結果についての疑問や不安があれば、カウンセラーに直接相談することができるので安心です。

NIPT(出生前診断)のメリットについて

NIPTは母体血漿中に存在する胎児DNAを測定することを目的とした遺伝学的検査です。この検査を実施することによって、通常染色体数異常(ダウン症・18トリソミー・13トリソミー)の有無を調べることができます。NIPTの一番のメリットは、身体への侵襲が少ないことあり、妊娠10~15週の妊婦の採血のみによって検査をすることができるということです。採血のみで検査できるので、非常に短時間で検査を終えることができます。しかし、NIPTは偽陽性がわずかながら存在することから、陽性となった場合、必ず確定検査(絨毛検査か羊水検査)を受けなくてはいけないことも覚えておく必要があります。とはいえ、NIPTの精度は99%以上といわれており、非常に信頼のおける検査といえます。妊娠初期から胎児の状態を知ることができ、その後の妊娠生活についてゆっくり考えることができることからも、不安に思う妊婦が検査を受ける意義は大きいといえます。

NIPTを受けてその後の妊娠に影響はないのか

妊娠した際にはおなかの赤ちゃんが健康に生まれてきてくれることを誰もが願うばかりです。現在は医学の進歩によって胎児の遺伝子検査が可能な新型出生前診断NIPTが受けられるようになっています。NIPTは妊婦の血液を採取するだけで胎児のDNAを調べ、ダウン症候群や18トリソミー、13トリソミーの染色体の数に異常がないかどうかを調べる検査で、特に近年は受けられる方も多くなってきました。しかし、一番気になる事といえばNIPTを受けることでその後の妊娠に悪影響を及ぼすことがないかどうかという事でしょう。NIPTはあくまで採血のみなので特に妊婦にも胎児にもリスクがあるという事はありません。ただ検査結果で陽性になった場合に確定検査を行うことになるのですが、これはリスクが伴います。羊水検査は腹部に針を刺す検査ですが、流産や破水してしまうリスクがあります。妊娠初期の段階で可能な絨毛検査も流産、破水の可能性、出血する可能性があるのです。確定検査が必要になった場合だけ影響が出る可能性があるのですが、確定検査はあくまで任意ですのでそのリスクを避けたいという方は確定検査は受けないという選択も可能です。

NIPTを採用しているクリニックが増えている

最近、NIPTという言葉を耳にするようになりました。これは新型出生前診断のことを言い、胎児に遺伝的な疾患がないか調べる事ができます。産科のクリニックではこのNIPTを採用するところが増えてきており、検査方法も血液検査ででき比較的簡単にすむのが魅力です。NIPTを行うことで分かる具体的な遺伝的疾患は、21トリソミー症候群(ダウン症候群)と18トリソミー症候群、そして13トリソミー症候群の3つの染色体数的異常症です。検査結果が陽性となった場合は、さらに精密な羊水検査が行われることになります。染色体数的異常症が確定したあとは、出産するか人工中絶するかの選択が迫られることになります。このことがしばしば問題にされることもありますが、子どもの将来のことを考えて答えを出す必要があります。人工中絶を選択される場合が多いのですが、出産する決心をした場合は、そのための準備を前もってしていくことができるのもNIPTのメリットです。

NIPTはあくまでも将来を予測するためのもの

妊娠したことがきっかけで、NIPTを受けようと検討している方が結構いるはずです。胎児の染色体に異常があるかを調べることができる検査になります。ニュースなどで取り上げられたことで、身近な検査になりつつあります。胎児の染色体に異常がある場合、ダウン症などの障がいを持って生まれてくる可能性が高いです。 ただ、NIPTを受けることは全く問題ありませんが、異常があると分かった時の対応が大事になります。障がいがある子は育てられないと考えて、簡単に中絶してしまうケースがあります。障がいがある赤ちゃんにも命があるので、小さな命をもっと大事にしなければいけません。NIPTは生まれてくる赤ちゃんの将来を予測するためのもので、決して中絶するべきか判断するための検査ではないです。簡単に中絶を選択するような人は、親以前に一人の人間として失格だと言わざるを得ません。NIPTの意義や目的をしっかり理解した上で利用してください。

NIPTは家族と相談して検査を受けるか決めるべき

妊娠したので子供に異常がないかを調べるために、NIPTを利用しようと検討している方が結構いるはずです。胎児の染色体疾患の有無を調べることができる検査方法になります。染色体疾患があると、ダウン症など障がいを持った子が生まれてくる可能性が高いです。NIPTを受けて染色体疾患があると分かれば、生まれてくるまでにダウン症などを学ぶことができるため、検査を受けてみるメリットは十分あります。 ただ、NIPTを受けるかどうかは、家族と決めることが大事です。否定的な考えを持っている方もいるので、家族が反対しているのに勝手に受けてしまうのはおすすめできません。また、染色体疾患が見つかったからといって、簡単に中絶を決めるのもダメです。障がいを持って生まれるかもしれませんが、小さな命を奪っていい理由にはならないです。しっかり育てれば成長していくので、染色体疾患があったからと悲観する必要はありません。親などもサポートしてくれます。

おすすめのNIPT情報サイト

東京のNIPTにお任せください